第34回計装研究討論会

会期 :2018年3月1日(木)
会場国立オリンピック記念青少年総合センター  センター棟417室(セミナーホール)
     (東京都渋谷区代々木神園町3-1)
交通 :小田急線「参宮橋駅」徒歩7分、東京メトロ千代田線「代々木公園駅」4番出口徒歩15分
協賛 :計測自動制御学会、石油化学工業協会、日本計装工業会、プロセス計装制御技術協会

 

プログラム

開会の挨拶(9:30〜9:40)

計装技術専門委員会主査 堀端千宏[コスモ石油(株)]

1.DCS更新と計器室統合化の事例紹介(9:40〜10:20)

出光興産(株) 千葉事業所 翁 圭介 氏

2.流量計の校正設備と技術について(10:20〜11:00)

(株)オーバル システムエンジニアリング部 南濤淳二 氏

休憩(11:00〜11:15)

3.安全計装導入による保安力向上(11:15〜11:55)

富士石油(株) 袖ケ浦製油所 中田敦久 氏

4.臭気センサを利用した排水中の有機汚濁連続監視事例(11:55〜12:35)

三菱ケミカル(株) 黒崎事業所 木原利弘 氏

休憩(12:35〜13:35)

5.特別講演 ウエアラブルデバイス・センサーデータを活用した製造業向けIoTの取組みと事例(13:35〜14:45)

新日鉄住金ソリューションズ(株) IoXソリューション事業推進部 井上和佳 氏

休憩(14:45〜15:00)

6. パネルディスカッション 無線の時代に生きる 〜無線が変える未来のプラントU〜(15:00〜16:50)

(座   長)千代田化工建設(株) 制御システム設計ユニット 柴田克司 氏
(パネリスト)コスモ石油(株) 堺製油所 大林賢司 氏       
(パネリスト)JXTGエネルギー(株) 根岸製油所 山口良典 氏       
(パネリスト)JFEエンジニアリング(株) 制御技術センター 岡 哲史 氏       
(パネリスト)日本エマソン(株) PlantWebセンター 一木澄隆 氏       
(パネリスト)横河電機(株) 新分野開発センター 北島昭朗 氏

閉会の挨拶(16:50〜17:00)

計装分科会委員長 兵藤雅己[昭和四日市石油(株)]

7. 参加者,発表者の交流会(17:10〜18:30)

カルチャー棟レストラン「とき」

参加費: 普通(個人)会員7,000円、維持(法人)会員会社社員・協賛団体会員10,000円
非会員16,000円、学生会員1,000円
交流会費: 参加費に含む
申込方法: 参加登録画面よりweb申し込み。
当会に責めのある場合を除き、お申込み後のキャンセルは原則できません。
参加登録
払込方法: クレジットカード払い、現金書留または下記の銀行口座へお振り込みください。
三菱東京UFJ銀行 西池袋支店 (普) 4630709 口座名 シヤ)セキユガツカイ
申込締切: 2018年2月22日(木)※申込締切日を過ぎますと、参加費に一律1,000円加算致します。

 

申込先

公益社団法人 石油学会 計装研究討論会係

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4 陽友神田ビル4F
TEL:03-6206-4301, FAX:03-6206-4302

 

石油学会主催行事カレンダー|ページへ