創立60周年記念東京大会(第48回石油・石油化学討論会,懇親会)

〜これまでの60年―次世代につなぐイノベーション〜
会期 2018年10月17日(水),18日(木)
会場 タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)
*学会受付2Fロビー(受付開始は,1日目9:00,2日目8:45)
交通
都営地下鉄新宿線「船堀駅」下車,徒歩1分。
[羽田空港]から
リムジンバスにて「都営新宿線」一之江駅前下車、「都営新宿線」にて新宿方面へ一駅約2分。「船堀駅」下車。
【参加登録サイトへ】
簡易プログラム(pdfファイル)


主なプログラム(詳細は別掲プログラムを参照)

◇記念式典(1日目A会場,15:30〜16:40)

1)会長挨拶 
2)来賓祝辞
3)学会60年の歩み  上田 渉(神奈川大学)
4)記念表彰
5)設備維持管理士育成優良事業所表彰

◇記念講演(1日目A会場,16:45〜17:45)

経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油精製備蓄課  矢口 麻衣

◇パネルディスカッション―次世代につなぐイノベーション(1日目A会場,13:00〜15:00)

基調講演「石油学会に期待するもの」

武藤 潤(JXTGホールディングス(株)副社長)
川名 浩一(日揮(株)副会長)

パネル討論

司会 松方正彦(早稲田大学)
パネリスト(50音順)
 瀬戸山 亨(三菱ケミカル(株))
 前  一廣(京都大学)
 増田 隆夫(北海道大学)
 御園生 誠(東京大学名誉教授)
 基調講演演者2名

◇実行委員会企画招待講演(2日目A会場,9:20〜11:45)

「パリ協定と日本のCO2削減対応」((9:20〜10:05))

(一財)日本エネルギー経済研究所 浜林郁郎
講演概要を読む

「日本の石油化学産業の変遷と課題」(10:10〜10:55)

成城大学経済学部 平野 創
講演概要を読む

「最近の中東情勢」(11:00〜11:45)

(一財)国際開発センター, (株)インスペックス 畑中美樹
講演概要を読む

◇部会セッション・JPIJSセッション・部会シンポジウム

[資源部会企画―資源開発] 1日目B会場(9:45〜15:00)
 石油・天然ガス資源の成り立ち,探査,掘削,生産,輸送,貯蔵,環境や資源量などに関する幅広い調査・研究のセッションです。下記1件の招待講演のほか,10件の一般発表を予定しています。

資源開発における新しい価値創成―メタンハイドレートとデジタルオイル技術―(13:00〜13:45)

東京大学  増田昌敬
講演概要を読む
[精製部会企画―ペトロリオミクス] 2日目G会場(13:00〜17:45)
 重質油の構造解析や分子反応モデリングといった基盤的な要素技術開発から,これら技術をより広く活用するために必要と予想される新規の要素技術研究など,ペトロリオミクスに関するセッションです。下記1件の招待講演と14件の一般発表を予定しています。

ペトロリオミクス技術の現状と将来展望(15:00〜15:45)

(一財)石油エネルギー技術センター  中村 勉
講演概要を読む
[装置部会企画―石油精製(設備保全)] 2日目D会場(9:15〜17:45)
 石油精製・石油化学プラント設備の保全・検査技術,運転管理,および安全に関する最新技術や企業の取組みをテーマとしたセッションです。下記1件の招待講演と22件の一般発表を予定しています。

本州四国連絡橋の保全維持管理と技術開発(13:00〜13:45)

本州四国連絡高速道路(株)  溝上善昭
講演概要を読む
[石油化学部会企画―水銀除去] 1日目H会場(9:30〜11:30)
 「水俣条約批准に関わる水銀の除去・分析・廃棄」をテーマに炭化水素資源に含まれる水銀および環境対策の水銀に関する除去技術,水銀分析方法,水銀含有廃棄の処理技術および保管に関するセッションです。下記1件の招待講演と5件の一般発表を予定しています。

活性炭を用いた水銀除去(9:30〜10:00)

(株)クラレ  大塚清人
講演概要を読む
[石油化学部会企画―ポリマー・オリゴマー] 2日目H会場(9:15〜15:30)
 オレフィンの精密重合やオリゴマー化,および重合で得られるポリマーの特性解析に関するセッションです。下記2件の招待講演と11件の一般発表を予定しています。

サステナブル社会の実現に向けた次世代タイヤ材料(10:00〜10:45)

(株)ブリヂストン  会田昭二郎
講演概要を読む

オレフィン重合における遷移金属錯体触媒(13:45〜14:30)

東京工業大学  小坂田耕太郎
講演概要を読む
[石油化学部会−バイオマス利活用研究の新展開] 1日目D会場(9:30〜15:15)
 再生可能な資源から生物機能を利用したエネルギーの生産に関するセッションです。下記1件の招待講演と12件の一般発表を予定しています。

バイオマスからの化学品製造の現状と今後の展望(13:00〜13:45)

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構  加藤知彦
講演概要を読む
[新エネルギー部会―次世代バイオ燃料技術] 2日目B会場(10:15〜11:45)
 食糧と競合せず,かつGHG削減効果の高い,リグノセルロース,もしくは藻類を原料とするバイオ燃料の製造・利用に関するセッションです。セッションでは1件の招待講演と3件の一般発表を予定しています。

国内外のバイオ燃料動向(10:15〜11:00)

(株)三菱総合研究所  福田 桂
講演概要を読む
[JPIJS企画―国際] 1日目F会場(9:30〜11:45) 2日目E会場(9:15〜11:30)
 本セッションは発表テーマを設けず,幅広い分野からの英語による研究発表です。学生および若手(企業)研究者(35歳以下)からの発表に対し,優秀講演賞の表彰を行います。本セッションでは下記3件の招待講演と10件の一般発表を予定しています。

Active species and working mechanism of heterogeneous transition metal catalysts: case studies (1st Day, 9:30〜10:00)

Ken-ichi SHIMIZU (Hokkaido Univ.)
講演概要を読む

Solid oxide fuel cells with recuperative operation by CO2 reforming of methane (1st Day, 11:15〜11:45)

Ryuji KIKUCHI (Univ. of Tokyo)
講演概要を読む

Development of solid catalysts for organic transformations utilizing striking interaction between metal oxide surface and iridium species (2nd Day, 11:00〜11:30)

Kenji WADA (Kagawa Univ.)
講演概要を読む
[経営情報部会企画―石油・石油化学プラントにおけるAI技術の活用] 2日目A会場(13:00〜16:15)
 石油・石油化学産業において,人工知能やIoT技術およびビッグデータ技術等の高度IT技術を活用し,生産性向上や信頼性向上および省力化等で先進的な取組み事例や研究を紹介するシンポジウムを企画しました。下記5件の招待講演と2件の一般発表を予定しています。

プロセス状態モデルによる保全と運転とのコミュニケーションプラットフォームの構築(13:30〜14:00)

東京工業大学  渕野哲郎
講演概要を読む

堺製油所における高圧ガススーパー認定事業所取得の紹介(14:00〜14:30)

JXTGエネルギー(株)  有井知洋
講演概要を読む

素材・化学業界におけるデジタルトランスフォーメーションの実態 〜グローバルケミカルカンパニーの事例をもとに〜(14:45〜15:15)

アクセンチュア(株)  竹井理文
講演概要を読む

石油精製プラントにおけるビッグデータ,IoT,AI導入事例(15:15〜15:45)

MapR(株)  佐藤雅之
講演概要を読む

AIを使いこなす人が導くプラントの未来(15:45〜16:15)

富士通(株)  岩崎哲嗣
講演概要を読む

一般研究発表 1日目(9:30〜15:15),2日目(9:15〜17:45)

*一般発表の中から注目発表を選定いたしました。  

JPIJSポスターセッション 2日目E会場(13:00〜17:00)

 若手研究者同士が自由な雰囲気で討論することを目的としたポスターセッションで,49件の発表を予定しています。参加者の投票による最優秀ポスター賞(1件)および優秀ポスター賞(2件以内)の表彰も行います。
 * 会場には学生向け企業PR展示コーナーを設置します。

◇写真展「石油・石油化学産業の変遷」1日目E会場(13:00〜18:00)

 

ランチョンセミナー 1日目(11:45〜12:45),2日目(11:45〜12:45)

 昼休憩の時間帯にランチョンセミナーを2会場で実施します。 セミナー参加(お弁当つき)は無料で,各会場定員は45人です。参加券は大会当日受付にて配布します(各日先着順)。

セミナー実施予定企業は以下の2社です。

【1日目】ドレーゲル・セイフティージャパン(株), (株)リガク
【2日目】(株)三菱ケミカルアナリテック

◇祝賀懇親会 1日目(18:00〜20:00)

会場: タワーホール船堀2F・平安-瑞雲

創立60周年記念東京大会参加の申込みについて

参加費: 普通(個人)会員8,000円,学生会員4,000円,維持会員会社の非普通会員11,000円,学生非会員5,000円,非会員14,000円
*参加費には要旨集代を含む。
*1日目午後の小ホール企画 (パネルディスカッション,記念式典,記念講演)および写真展の参加は無料です(申込み不要)。
10月3日(水)以降の申し込みの場合,参加費に一律1,000円を加算いたします。
懇親会費: 一般7,000円,学生および同伴者4,000円
申込方法: 参加登録画面からお申込みください。
参加登録
お申込み後のキャンセルは原則としてできません。
送金方法: クレジットカード払い,現金書留,郵便振替または下記口座にお振り込み下さい。郵便振替の方には所定の振込用紙を送付します。
三菱UFJ銀行 西池袋支店 (普) No.4630709 口座名 シヤ)セキユガツカイ

問合せ先

公益社団法人 石油学会 創立60周年記念東京大会申込係

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-8-4 陽友神田ビル4F
TEL:03-6206-4301, FAX:03-6206-4302

学生向け企業展示

 2日目午後・ポスターセッション会場に学生向け企業PRコーナーを設けます。
学生の方々のご来場をお待ちしています。出展(有料)をご希望される場合は上記事務局までお問い合わせ下さい。

広告・機器展示

 会期中会場に展示コーナーを設けます。 多くの方々のご来場をお待ちしています。

 

発表・講演者へ石油学会主催行事カレンダー|ページへ