創立60周年記念東京大会 ランチョンセミナー開催のお知らせ

東京大会ではランチョンセミナーを開催いたします。本セミナーは、参加者の皆様に会期中昼食休憩時間を利用して昼食を取って頂きながら、提供企業による製品情報や技術情報を聴講いただく企画です。

日時10月17日(水)11:45〜12:40,10月18日(木)11:45〜12:40
参加費無料(大会登録者限定)。無料の昼食(お弁当)を提供いたします。
参加方法2日間とも9時から受付にて参加引換券を配布いたします。大会参加証をご提示いただいて、セミナー参加引換券をお受け取りください(各日 45名限定)。時間になりましたら、参加券をご持参の上、セミナー会場までお越し下さい。
(注)ランチョンセミナーは同業者様等のご入場(セミナーチケットをお持ちの場合でも)をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。

10月17日(水)11:45〜12:40

[D会場(桃源)] 株式会社リガク

蛍光X線分析による石油製品中の微量元素分析(P, S, Cl)
蛍光X線分析(以下XRF)は迅速かつ高精度な元素分析法で、石油関連分野においても幅広く用いられている。今回は、石油製品中の1ppm以下の微量塩素分析を中心に高感度卓上波長分散型汎用XRF装置による分析例を紹介する。
演者: 株式会社リガク 川久航介

[G会場(瑞雲)] ドレーゲル・セイフティージャパン株式会社

プラントの更なる安全操業に貢献する無線ガス検知器
プラントの使命の一つである「安全操業」は、昨今のトレンドにおいて最優先課題です。事故防止対策や安全の冗長化、安全計装(SIL)、IoT/Big Data活用のソリューションとして期待されている無線ガス検知器を説明します。
演者: ドレーゲル・セイフティージャパン株式会社 清水健二
 

 

第2日・10月18日(木)11:45〜12:40

[G会場(瑞雲)] 株式会社三菱ケミカルアナリテック

ハイブリッド式蛍光X線分析装置を用いた燃料油中の硫黄・塩素同時分析について
弊社では、従来のUVFL法による硫黄分析装置、電量滴定法による塩素分析装置に加えて、ハイブリッド式蛍光X線分析装置を商品ラインアップに揃えた。 今回は、この蛍光X線分析装置を用いた硫黄及び塩素の同時分析について紹介する。
演者: 株式会社三菱ケミカルアナリテック 赤坂秀市
クロスレイテクノロジー株式会社  永野将史

 

東京大会TOP東京大会簡易プログラム|ページへ